アパレルOEM専門の業者はたくさんあります。
では、どんな業者が良いアパレルOEM業者でしょうか?
実際に利用してみないとわからない部分ではありますが、良い業者のポイントを解説します。

サンプルの提供を徹底している

良いアパレルOEM製造業者を探す方法は、単純に低コストだから良いというわけではない点に注意しましょう。
確かにTシャツなどの技術介入度の低い製品であれば、低コストなアパレルOEM製造業者に依頼すると良いでしょう。
ですが、作業服や特殊な繊維を使用した製品であれば低コストで量産できるアパレルOEMに依頼するのは危険です。
そのためコストだけでなく成果物のサンプルを確認することで対処していきましょう。
特に良いアパレルOEM業者は、積極的に自社製造の製品の成果物のサンプルを顧客に提供しています。
量産体制に入る前も、必ずサンプルを確認しましょう。

サンプル確認の際に縫製やサイズなどの問題まで徹底的にクリアされていて、なおかつ着用感まで良好であれば、そのまま量産体制に入ったほうが良いでしょう。
逆に依頼した製品の成果物のサンプルを見せずに、そのまま量産体制に入って後から製造費用を請求するアパレルOEMは良い業者とは言えません。
必ずサンプルの提供を徹底している業者に依頼すると良いでしょう。

取引実績が豊富

もちろん提供されたサンプルとは全く別の製品が量産されてしまうことがある点にも注意が必要です。
稀にサンプルとは大幅に異なる製品が量産されることがあるので製造工場で働いている従業員や、製造や取引の実績なども確認するようにしたほうが良いでしょう。
実際に取引した企業に問い合わせてレビューを聞き取り調査することも視野に入れて依頼すると更に安全です。

高い技術力

縫製やサイズの問題だけでなく着用者の着心地や通気性に至るまで幅広くサポートしている業者が良い業者と言えます。
もちろん、作業服などの特殊な用途に合わせて作られなければならない製品であれば、それらに対するサポートが充実していないと商品として成立しないのです。
繊維が特殊なものや厚手のものであれば簡単に縫合することができないこともあります。
結果的に雑な縫製の製品が出来上がってしまうので対応している布製品の素材についても把握しておく必要があるでしょう。
ジーンズなどのデニム素材についても同様に言えます。

それからサイズの指定の際には、サイズテーブルから選ぶだけでなく顧客から自由にサイズを注文できる業者が良い業者です。
サイズテーブルにしか対応していない業者は型を一から作ることができないだけでなく、製造者のスキルや品質に問題があることが多いです。

まとめ

以上のことから、良いアパレルOEM業者を探す方法は成果物のサンプルの提供を徹底している業者や取引を行っている企業の一覧、特殊な繊維や生地に対応しているかどうかを確認していくことが良いでしょう。
特にサンプルの提供は徹底している業者であっても、量産された製品がサンプルと大きく異なってしまうこともあるので一定の品質で量産できることを確認した上で依頼したほうが良いです。
可能であれば、取引している企業から業者の情報を聞き出すことも行っておきましょう。