アパレルOEM
OEMは Original Equipment Manufacturing を略下言葉で表したものです。
日本語だと、相手先ブランド製造と表現されます。
自社ブランドの製品を他社工場で製造すること、と言えばわかりやすいかもしれません。
一部の業務のみを他社に委託することを指します。

アパレルOEM活用でもたらされるメリット

アパレル業界では良く使用される方法で、OEMを行うことで、自社の販売力強化やコスト削減につながります。
一般的には自社ブランドは、自社で製造から販売まで行うことが理想的と言われていますが、それは既にシェアを市場で獲得している大資本の大手企業でなければ実現は難しいです。

中小企業の場合は、獲得できるシェアそのものが小さく、自社で製造から販売までをこなし、大手企業に対抗することは無謀な挑戦と言えます。

資本が限られるため、設備も人材も大手企業と同じようには整備できません。

つまり、生産可能数量・商品パターンに限界があるのです。
トレンドの移り変わりが激しいアパレル業界では、少人数で時間をかけて取り組むこともできません。
また、商品ラインナップが乏しければ、消費者に選んでもらうことは難しいでしょう。

販売力強化

アパレル商品の製造は、まず商品企画を行い、サンプルの制作から今季販売する商品の決定、商品製造して販売に移行します。
OEMを行うことで、この作業工程をいくつか、あるいは全て削減することができます。
商品企画・デザイン・サンプル作成・商品製造の工程を他社委託が可能です。つまり、OEMの活用により、自社内作業が大幅に減らせます。
加えて、自社製造だと生産できる商品のパターンが限られますが、OEMを行うことで、取り扱い商材の幅が広がります。
自社で制作したことがない商品も他社委託すれば生産可能です。

また、自社工場のみの稼働ではなくなるので、生産枚数も増やせますし、納期の縮小も見込めるので、シーズン中に売れ筋商品の増産も検討できます。
この商品を作りたい、と指定すれば企画・デザインから受託先会社が行います。自社にノウハウがない商品でも製造が可能になります。

OEMの活用により、商品企画と販売に注力することができます。商品企画の情報収集やマーケティング、ブランディングに予算をまわせるので、販売力強化につながります。

製造コストの削減

アパレル商品の製造業務を他社委託すると、製造ラインの管理・整備費用と人件費が削減できます。
製造工場の設備を充実させるにはかなりの資金が必要ですが、OEMの活用により他社の設備を利用できるので自社での設備投資を抑えることができます。
生産管理から検品までを委託できるので、人件費と商品ロスの削減に繋がります。
自社工場の場合、検品時にミスが見つかっても制作費や人件費は自社でまかなわなければなりませんが、OEMの場合はそのリスクを回避できます。
海外工場の活用ではよくある納期遅れを起こした場合も、OEM活用なら最悪キャンセルという手段が取れます。

商品製造に関わる分野では、製造コスト削減とリスク回避が見込めます。

まとめ

最近では、小規模なアパレルショップなど、販売のみを行っていたショップでも、アパレルOEMの活用で自社ブランドの開発を行っています。

自社での企画力と販売力があれば、様々な商品の開発・製造に挑戦できます。
既存の顧客満足度の向上にもつながると言えます。

小ロット・低価格で勝負できるという面で中小企業の闘い方として、アパレルOEMを利用するのは非常に効果的です!

是非一度弊社にお問い合わせください。