OEMは、Original Equipment Manufacturer の略称です。
委託者のブランドで製品を生産すること、またはそのメーカーを指します。
文字通り、他社に生産を委託することです。

自動車産業を中心として活用される機会が増えているため、以前に比べOEMという言葉が浸透しつつあります。
昨今ではスーパーマーケットなどのプライベート商品をOEMで生産することから、主婦層にもよく知られる単語になっています。
自動車や食料品などに拡大したOEMは現在アパレル業界にも広まりを見せており、企画力と販路は有しているものの生産力が乏しい業者が生産力を有している業者に依頼し、アパレルの製造工程を委託するビジネスが拡大しています。

ODMは、Original Desingn Manufacturer の略称です。
委託者のブランドで製品を設計から生産まで行うことを指します。
OEMは生産だけですが、ODMだと設計から生産までを委託することになります。

アパレル業界では、アメリカのブランドで『Forever21』がODMを採用して成功を収めていることで有名です。
具体的な流れはアパレルブランドが掲げたコンセプトを基本として、製造業者にて商品企画をし、製品サンプルが作成されます。
委託業者は製品サンプルを確認して、発注するかしないかを判断します。

アパレルOEMのメリット

OEM生産のメリットは、自社に企画力と販路さえあれば製造を目的とした工場や設備を大きな資金を投じて設ける必要性が無い事であり、同時に高い技術力を有している人材を雇う必要性が無いことから人件費の抑制にも繋げられる点が挙げられます。
簡単に言うとコスト削減につながります。

もう一つのメリットは、設備投資や人件費に資金を投資しなくても、技術力・生産力を手に入れることができます。
例えば、Tシャツを専門的に製造しているアパレルメーカーがクライアントからTシャツに合わせたキャップも手がけてほしいと依頼された場合、Tシャツは得意だがキャップは手がけたことがないため断るしかない状況になります。
ですが、要望に応えることができない場合、クライアントやアパレル業界全体から企業の価値が低く見られることにつながり、ひいてはビジネスチャンスを逃す要因を生んでしまいます。
そこで、OEMを活用すればキャップや帽子の製造に長けている業者に企画を持ち込み、Tシャツに合うコンセプト通りのキャップの製造を依頼すれば、クライアントの要望に応えられます。

アパレルODMのメリット

ODM生産のメリットは、製品がサンプルになるまでの工程を委託者側が省略できる点が挙げられます。
企画開発に至るまで外部業者にお任せするので自社内にて企画開発を目的としたチームを発足させる必要が無く、固定費の削減になります。
しかも、ODMを行う際には一社のみに依頼するのではなく、一つのブランドが複数の業者に対して依頼するコンペのような形式になるので、より良い物が製品化させやすい上に企画から販売まで迅速に進められるというメリットもあります。

まとめ

OEMとODMは似ていますが、それぞれに特徴があります。
定番商品など長期間にわたって同一製品を安定的に製造し続けるという目的ではOEMを選定し、話題性が高い企画物などはODMを採用するといった使い分けをするのがオススメです。
OEMとODMの違いと特徴を理解した上で、自社に合った方法を採用してみてください。